◎ 支援アプリ開発

私たち鳥研(愛知工業大学・鳥居研究室)は、体に障がいのある方や高齢者のための支援アプリを開発しています。
私たちの研究は方法論ではなく、情報の可視化技術を実際の対象に適応させること、特に、障がい者のための、携帯情報端末用アプリケーションを開発し、どのように活用されるかを調べ、問題点をみつけて、今後の展望としてさらなる応用を目指していくものです。

TOP画面

 ■ あいとーく (バージョン 1.0) → HPはこちら

◉ 瞬きによるコミュニケーションツール (無 料)
「あいとーく」は言語による会話や筆談の困難な方のための iPad•iPad mini用の "瞬きによるコミュニケーションアプリ"です。
フロントカメラで捉えた画像を元に、被験者が動くと眼部検出とキャリブレーションを行い、同時に適切な明るさに自動調整します。 また習熟度に合わせて「設定」画面から、瞬きの速さや文字選択のバーの速度、背景面の明るさ、目の画面表示まで、自由にカスタマイズできます。
高精度での瞬きの変化を取得できることで、自然瞬きや眼球の動き、眼の形の変化にも誤作動することなく、意識的瞬きのみを判定します。 「あいうえお表」の上で動くカーソルで、子音の「列」と母音の「行」を選択して入力し、それを単語から文章へと蓄積して発語させます。

TOP画面

 ■ あいてる (バージョン 1.0) → HPはこちら

◉ 瞬きによる選択発音ツール (無 料)
「あいてる」は「あいとーく」(50音表を使ったコミュニケーションツール)の使用が困難な方のために開発した、二択による意志伝達ツールです。支援者(サポーター)が使用者の実態と状況に合ったシンボルを作成し、提示しながらコミュニケーションを行います。
交互に点滅する左右のシンボルを瞬きによって選択し、発音させることできます。シンボルは写真と音声とテキストを使って簡単に作ることができます。
弱く、速い瞬きでも高精度で瞬きの変化を取得できます。自然瞬きや眼球の動き、眼の形の変化にも誤作動することなく、意識的瞬きのみを判定します。
瞬きによる選択を学習し、50音表を使った「あいとーく」へと発展させてください。

TOP画面

 ■ ねぇ、きいて。 (バージョン 3.6) → HPはこちら

◉ コミュニケーション支援ツール (200円)
「ねぇ、きいて。」は自閉症や言語障がいのある方のコミュニケーションを助ける、安価で使いやすいAAC(補助代替コミュニケーション)ソフトウェアです。本アプリをiPhoneやiPod、iPadにインストールするだけで誰でも簡単に楽しくコミュニケーションをすることができます。
全国の特別支援学校からの要望や不具合を元に、2011年4月にリリースしてから現在までに計14回目のバージョンアップを行いました。
既出のコミュニケーションアプリが、【目的語】と【述語】を選択してから、最後に【話すボタン】を押すという3つの動作が必要なのに対し、1つのシンボルを押すだけで二語文が発音されます。
より多くの思いを伝えたいというコミニュケーションマインドが養われるアプリです。

TOP画面

 ■ はなまる (バージョン 2.0) → HPはこちら

◉ キッズスケジュールアプリ (200円)
「はなまる」は、トークンエコノミー法、スケジュール、手順書と様々な使い方が可能な子ども用スケジュールToDoアプリです。
支援者が子どもの実態に応じて、回数やご褒美を設定できるので、最後までやり遂げる達成感と自己効力感を高めることができます。
ABA(応用行動分析学)に基づくトークンエコノミー法を取り入れ、【●●ができたら○○がもらえる】という、ポイントを貯めて報酬(ご褒美)がもらえることがわかりやすく示されており、項目ごとにチェックが付けられるので、あとどれぐらいがんばればよいかがわかりやすくなっています。行動の手順を一つ一つの動作をシンボルで提示することができ、指示待ちを少なくできます。

TOP画面

 ■ あんしん (バージョン 2.0) → HPはこちら

◉ 高齢者向けスケジュールアプリ (200円)
「あんしん」は、高齢者の方が日常のなかで忘れがちな事柄を、簡単な操作で一つずつチェックできるスケジュールアプリです。
携帯機器に不慣れな方でも、画像と文字と音声で一日のスケジュールを一目で確認でき、このアプリを使って自らの意志で生活をコントロールすることは、精神的自立に大いに役立つと思われます。
「あんしんメール機能」を使えば、もしものときにあなたの状況を周りの人に知らせることができます。「あんしんメール」を設定すると、3日間「あんしん」を使わなかった場合、身近な人(最大3人まで)に緊急を知らせる【あんしんからのメール:あんしんを最後に起動してから、3日間が経過しました。万が一のために、連絡をいただけませんでしょうか。】という文章が届きます。

TOP画面

 ■ 箸置きダイエット (バージョン 2.0) → HPはこちら

◉ 高齢者向けスケジュールアプリ (無料)
箸置きダイエットアプリは、箸を置き30回噛むことで満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを防ぎ、食事量を減らすことができます。
様々なダイエット方法が流行し、ダイエットの話題はつきることがありません。しかし流行りのダイエット方法は一時的にやせたとしても必ずリバウンドしてしまします。
リバウンドを繰り返せばさらにやせにくい体質となり、やせるどころか体もお肌もボロボロになり魅力的な女性からは遠ざかってしまいます。
このアプリは食習慣の改善により、誰でも簡単にやせることができるダイエットをサポートします。 箸を置き、よく噛むだけで、何をどれだけ食べても構いません。